はじめまして、デザイナーのぱぴーです。

WordPressには便利なプラグイン(WordPressの拡張機能)が沢山あり、初心者でも簡単に入れることができます。
「WordPressでブログを始めたいけど、どんなプラグインを入れたら良いのかわからない・・・」「WordPressでWebサイトを制作したけど、いまいちパッとしない・・・」そんな方は必見です!

大まかに

  • セキュリティ、スパム対策
  • SEO対策
  • メールフォーム
  • 記事・カテゴリー
  • デザイン面の向上
  • その他便利なプラグイン

の6つに分類して紹介していきます。

セキュリティ、スパム対策

Akismet

Akismetは既存のプラグインで、スパムコメントをブロックしてくれます。有効化したあと、APIkeyを入力します。

参考サイト
Akismetプラグインの使い方

Acunetix WP Security

WordPressはセキュリティ対策をせずにそのまま使用していると大変危険です。最近海外からの不正アクセスが多く、多い人で1日400件以上も不正アクセスされていたケースもあるそうです。
このプラグイン1つで、15個のセキュリティ対策ができます。
大変便利なのですが、日本語版が存在しません。日本語訳しているブログがありましたので、下記のサイトを参考にしてみてください。

参考サイト
WordPressのセキュリティを向上させるプラグイン「Acunetix WP Security」

Crazy Bone

管理画面のログイン履歴を記録することができるプラグインになります。別のIPアドレスがあった時にダッシュボードに警告してくれます。

参考サイト
WordPressのログイン履歴が確認できるプラグイン「Crazy Bone」

SEO対策

All in One SEO Pack

このプラグインはSEO関連の各種設定を簡単にできる優れものです。記事ごとにtitleやdescriptionを設定することが出来ます。

参考サイト
All in One SEO Packプラグインの使い方

メールフォーム

Contact Form 7

お問い合わせフォームのプラグインになります。項目等も自由に増減できますし、チェックボックスやラジオボタンなどの選択制にすることもできます。
また、自動返信の設定もできるので、すぐ相手に返信できない時などに便利でしょう。

参考サイト
WordPressにContact Form 7メールフォームを導入する方法

Flamingo

このプラグインは簡易的な顧客関係管理システムになります。お問い合わせ内容やメールアドレスを管理することができます。
先程紹介したContact Form 7と連携させることができます。

参考サイト
Flamingo – WordPress経由のユーザーとの接触履歴を管理できるプラグイン

contact-form-7-confirm

「Contact Form 7に、確認画面機能が付いたらとても便利なのにな~。」と思い、色々検索してみたところ・・・なんとありました、Contact Form 7に確認画面を付けてくれるプラグイン!!
本来ならば送信ボタンになる部分が、このプラグインを有効化することによって確認ボタンに変わります。
このプラグインはアイティーエー株式会社が出しています。(ありがたいことに日本語プラグインです!)スライド付きでとてもわかりやすかったので、是非試してみてください。

参考サイト
Contact Form 7に確認画面をものすごく簡単に付けられるプラグイン

記事・カテゴリー

Yet Another Related Posts Plugin

Yet Another Related Posts Plugin(通称YARPP)は、関連記事を表示させるプラグインで、他の似たようなプラグインよりも細かく設定することが出来ます。

参考サイト
Yet Another Related Posts Plugin – 関連記事を表示するWordPressプラグイン

Category Order and Taxonomy Terms Order

「固定ページの並び替えはできるけど、カテゴリーとカスタム投稿タイプ・カスタムタクソノミーの並び替えが出来なくてイライラする!!」そんな人も多いのではないでしょうか?
Category Order and Taxonomy Terms Orderを有効化すれば、記事カテゴリーとカスタム投稿タイプ・カスタムタクソノミーの順番を入れ替えることができます。また、ドラックアンドドロップで直感的に並び替えが出来ます。
「そもそもカスタム投稿タイプ・カスタムタクソノミーって何?」という方はこちらの記事がとても参考になりましたので、目を通してみてください。

参考サイト
カテゴリーとカスタムタクソノミーの順番をドラッグ&ドロップで簡単入れ替え!WordPressプラグイン
WordPress のカスタムフィールド・投稿タイプ・タクソノミーを使い分けよう!

Child Pages Shortcode

このプラグインは固定ページの子ページを一覧で表示させることができる優れものです。固定ページの記事一覧ページを作成したいときに使用するといいでしょう。

参考サイト
商品一覧や、サービス案内等に使えるプラグイン | Child Pages Shortcode

PS Auto Sitemap

自動的にサイトマップを作成してくれるプラグインになります。XMLサイトマップ(簡単に言うと、ウェブサイト上にある全ページのリストのことです。)ではなく、人間が見るようのサイトマップになります。
「リンクが多すぎて、サイトマップ作成するの面倒だな~」という方にオススメです。

参考サイト
PS Auto Sitemap (サイトマップ自動表示プラグイン)

Breadcrumb NavXT

こちらのプラグインはパンくずリストを表示させることができます。パンくずリストとは、現在自分がいるページの階層を表示させる機能です。

参考サイト
Breadcrumb NavXTプラグインの使い方

デザイン面の向上

WP Page-Navi

WP Page-Naviとはページャーのことです。ページャーがわからない人はgoogleの検索結果の下のほうに出てくる、次のページに行く時のボタンを想像して下さい。
googleNav

WP Page-Naviを使用すれば、ページ送りをわかりやすくすることができます。
PageNavi

参考サイト
WordPressのプラグインWP-PageNaviを設定してみた

WP PageNavi Style

先程紹介したWP Page-Naviと併用するプラグインです。WP Page-Naviは機能的にはとても便利なのですが、ページャーのボタン部分をサイトのデザインに合わせるときにCSSを書かなければなりません。
WP PageNavi Styleをいれることで、CSSを書かなくてもおしゃれなページャーが設置できるのです!CSSがわからない人でも安心ですね。

参考サイト
WordPress プラグイン WP PageNavi Styleを入れてみる

WPtouch

こちらはスマートフォンで見たときにスマートフォン用のデザインに変化するプラグインです。CSSを当てすぎるとうまくレスポンシブしない時があったり、固定ページが多いサイトにはこのプラグインは不向きです。
どうしてもWPtouchを使用してスマートフォン用のページを作成したい場合は、こちらの記事を参考にしてみてください。

参考サイト
wordpressでスマホ最適化させる有名プラグイン「WPtouch」

Ktai Style

携帯で見たときに携帯用のデザインに変化するプラグインです。携帯ユーザーは年々減少していますが、ブログやWebサイトの内容によって年齢層が変わってくるので、必要な方は入れておきましょう。

参考サイト
【Ktai Style】ガラケーからのアクセスをムダにしないWordPressプラグイン

Smart Slider 2

このプラグインは画像をスライドさせるプラグインです。「トップページに自分の作品をドーンと大きく載せたい!」という方にオススメです。
このプラグインの1番の魅力は、レスポンシブ対応している点です。横幅が伸びても縮んでも画像の比率が変わらないので綺麗に表示されます。
直感的に操作できるので、CSSやHTMLなどがわからなくても簡単に編集できてしまいます。
ちなみにこのプラグイン、無料版と有料版があります。無料版だと一部の機能が使えないのかな?と思い、頑張って英文を読みましたがわかりませんでした。(土下座)
・・・とりあえず無料版でも十分使えました!!全然お金払ってもいいレベルです。久々に良いプラグインに巡り合えました。

参考サイト
(日本語サイトが見当たらなかったので、海外サイトになります。動画もあるので英語がわからない人でもわかりやすいです!)
Smart Slider 2

Fancybox for WordPress

あの有名なFancyboxですが、実はWordPress用のプラグインがあります。
Fancyboxとは画像をクリックすると拡大表示してくれるものです。余白の設定やオーバーレイ設定、title設定などの細かい設定も出来ます。
ギャラリーページなどの、画像がメインのサイトにオススメのプラグインです。

参考サイト
超オススメ! インストール楽々、カスタマイズも可能なLightBox風WPプラグイン「FancyBox for WordPress」

その他便利なプラグイン

Disqus Comment System

SNSアカウントを使用するコメント欄です。もちろんSNSを使用していないユーザーもコメント出来ますが、SNSアカウントを所持している人のみコメントできるよう設定すれば、スパムコメントを遮断できます。

参考サイト
「DISQUS」で高機能コメント欄にレベルアップ!wordopress導入編

WP Social Bookmarking Light

色々なSNSボタンを表示させるプラグインになります。時代の流れによって、使われるSNSも少しずつ変わってきています。
このプラグインは新しいソーシャルメディアにも対応するので、手動で追加する手間が省けます。

参考サイト
wp social bookmarking lightの設定と位置とカスタマイズ方法

まとめ

いかがでしたか?実はHTMLやCSS、jQuery、PHPなどの専門的な知識がなくても、誰でも簡単にイケてるサイトが作れてしまうのです!
外観だけではなく、セキュリティやSEOにも強い自分だけのブログやWebサイトを制作してみましょう。

注意:プラグインの入れすぎには気をつけてください!ブログやサイトの表示に時間がかかってしまうためです。
もし、少しでも「表示遅いな~」と思ったらPlugin Performance Profilerを入れてみてください。どのプラグインが1番重いか、円グラフで表示してくれます。

あっ・・・!タイトルに20選って書いたのに21選になってしまいました(笑)